葬儀から法要まで任せられる葬儀社

最愛の家族の最後は心を込めて見送りたい、これは実際には葬儀も終わり落ち着いてから思うことだそうです。闘病をしていつか来る死を覚悟していても、やはり生きているうちに亡くなった後のことを決めることはほとんどしません。ましてや不慮の事故や心筋梗塞、脳梗塞などで突然の死を迎えた場合はなおさらです。

死を迎える心構えができているなら、事前にどこの葬儀社でどんなスタイルの葬儀を執り行うか決めておくとスムーズです。しかし、亡くなったと同時に遺体を病院から搬送するために、慌てて葬儀社を探さなければならないのが現状ではないでしょうか。ネットで見つける、以前に利用したことがある、互助会に入っている、家の近所などいろいろな選び方があります。天光社(https://1000kaze.jp/)は様々なスタイルの葬儀を行うことが可能です。

重要なのは、大切な人が亡くなり冷静な判断ができないうちに決めなければならない状況で、遺族の希望や思いを汲み取ってくれるかどうかです。そして火葬まで葬儀を一通り行うにはそれなりの費用がかかります。はじめてのことで一般的なことがわからない遺族に、良心的な進め方をしてくれるかどうかも大切です。

いつか訪れる死までに時間の余裕のある人は、葬儀社への事前相談がおすすめです。あらかじめ斎場や葬儀の規模、予算などを話すことができます。時間をかけてじっくりと葬儀について向き合い、自身が納得できるまで葬儀社の対応を見極めることができるため、一度限りの供養を悔いなく進めることができるでしょう。

葬儀だけではなく、火葬後の各種手続きや墓や仏壇の購入、四十九日法要などの相談にも対応している葬儀社もあります。故人の供養は葬儀だけではなく、その後も一周忌や三回忌と続き、故人が亡くなった年から数えて満49年目の五十回忌まで法要を行うことが一般的です。いつまで法要を行うのかということや、法要の規模などは地域によって異なる場合もあります。天光社(https://1000kaze.jp/)は法要にも対応しています。