葬儀のことなら事前相談がおすすめ

大切な人や家族の突然の逝去、または闘病期間を経ての旅立ちを経験したことがある人もいるでしょう。遺された遺族は悲しむ時間もなく、すぐに火葬までの儀式の段取りをしなければなりません。まずは葬儀社選びからですが、ほとんどのケースが病院で亡くなるため、院内の霊安室から自宅や葬儀場まで搬送することから始まります。病院の霊安室は数が少なく、次にいつ亡くなる方が出るか分かりません。できるだけ早く病院から移動しないと、迷惑をかけてしまうこともあります。

亡くなってすぐに手配しなければならない葬儀社ですが、何をポイントに選べばいいのでしょうか。まず、大切なのは親身になって喪主や遺族をサポートしてくれるかどうかです。病院からのご遺体の搬送、葬儀場の規模選び、葬儀などの段取りは葬儀社の仕事です。昨今は、その後の事務手続きのサポートとして墓選びや仏壇選び、および四十九日法要などの葬儀が終わった後の供養のことまで相談に乗ってくれる会社もあります。天光社(https://1000kaze.jp/)では葬儀に係るトータルサービスを提供しています。

また、葬儀社を選ぶポイントとして、家の近くであること、アクセスがいいこと、価格設定なども重要です。突然訪れる死は、急な判断で思ったよりも予算がかかったというケースもありますので、予算の制限がある場合には特に事前相談をしておく必要があります。大切な人を失った悲しみの中、物事を決めたり冷静な判断をするのは苦難なことです。あらかじめ準備ができる場合は、事前相談しておくといざという時の対応もスムーズです。

葬儀一連でかかる費用や場所、葬儀の進め方なども、事前に相談してある程度のことを決めておけば、急変して旅立った場合でも慌てることはありません。どのような葬儀にするかおおよその方向性がすでにきまっているため、悩む時間もありません。時間の許す限り、故人とゆっくりお別れをしましょう。天光社(https://1000kaze.jp/)は事前相談にも対応しています。